映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山本コーディネート | main | やまもと工藝 研究会「きもの座学」のお知らせ >>

母の着物から道中着へ

作品名 母の着物から道中着へ
制作者 田中 玲子 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

母の着物を道中着に直しました。
以前、着物としては無理、捨ててしまおうかなと思い、先生に相談したところ、道中着にしてみてはと言っていただきいたことがありました。
そのとき仕立て直したものを常に着用していたので、今回はすぐに又直したいと思いました。


やまもとコメント

着物の時は身丈や袖丈など生地いっぱいで仕立てられていて、また着物としては難しかったのですね。形を変えて仕立てられのは和裁の素晴らしさですね‼お母様が着用されていたことを思い出しながら、解いたり形が変わっていく様を楽しんでいただけましたでしょうか。今回の道中着もたくさん手に取っていただきたいです。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025480
この記事に対するトラックバック