映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「工房お見立て会」開催中です。(6/15〜) | main | 白大島紬 >>

母の着物を染替えた色無地

作品名 母の着物を染替えた色無地
制作者 Y.M さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

前から茶色地の着物が欲しいなと思っていたのですが、なかなか見つからないので、母の古い色無地を染め替えてみることにしました。
染め上がりは、希望通りの色で、染め替え前の色より地紋がハッキリ出て、予想よりキレイになりました。


やまもとコメント

「茶色にしたいです」とのご要望で、元の色に上からかけて希望の色にすることは難しいと考え、一度色を抜いて白くしてからお好みの色にしていくことを提案させていただきました。「この色とこの色の間で、こちらほどのいろではなく、、、」と迷いながら色をきめていきましたが、明るく渋い薄茶色に仕上りましたね。お母様もご自身が来ていたころと違う雰囲気のお着物になり驚かれたのではないでしょうか。お手持ちの着物で、染替えたいなと思うものがありましたら、また遠慮なくご相談ください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025481
この記事に対するトラックバック