映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 沖縄染織いざなふの風展 | main | H30後期 名古屋帯グループレッスン5・6回目 >>

母からの贈物

作品名 母からの贈物
制作者 M.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

母の着姿を思い出しながら、私の寸法へお直しをしました。
昔の布地で縫いにくく、苦心しましたが、先生にご指導いただき、完成しました。

出来上がり点数は60点、でも仕上がりは満足しています。
次回はもう少し上手になるよう運針のお稽古をと思っています。


やまもとコメント

ベージュの優しい色合いのシダの柄の羽織です。柔らかい生地でしたので、裏と表がずれて針を進めにくそうでしたね。Fさんのお気づきのように運針は基礎であり、どんな生地でも綺麗に縫うためのポイントでもありますので、繰り返し運針のお稽古も頑張って行きましょうね!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025485
この記事に対するトラックバック