映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沖縄染織いざなふの風展コーディネート | main | 沖縄染織いざなふの風展コーディネート >>

生まれ変わった色無地

作品名 生まれ変わった色無地
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

友人のものです。もとは若々しいグリーンの色無地でしたが、染みが目立たないような濃い色に、とお願いしたら、艶のある美しい濃紺に染め上がって、地紋の美しさが以前より引き立ち、はっとするような仕上がりでうれしくなりました。意気揚々ととりかかったのですが、とても針が通りにくくて苦労しました。初めて人のものを縫わせていただいたので、できるだけきれいに丁寧にと心掛けました。
これからも友人の人生に永く寄り添うものになって欲しいと思います。ありがとうございました。


やまもとコメント

昔の汚れがだんだんと浮き出てきたシミは長い時間が経つと悉皆に出してもなかなか綺麗にはなりません。濃く染めるとよりシミが浮きでてきてしまう場合もありますが、美しいと満足のいく仕上がりになり良かったです。シミが目立つ時は一度色抜きをしてしまう方法もありますよ。

Tさんがご友人を思いながら仕上げたお着物は、ご友人がお召しになった際、Tさんを思い出させてくれる大切な一枚になったでしょうね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025486
この記事に対するトラックバック