映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山本セレクト品のコーディネート | main | 手描裏付き無地着物(きるものがたり展 展示作品) >>

色紙重ね引け染め道行コート(きるものがたり展 展示作品)

作品名 道行コート
制作者 A.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房の初売りで見つけたお値打ちの羽尺です。早いもの勝ちでGetしました。
寒色の道行はなかなか珍しいらしく、教室で縫っていると皆さん興味を持って見て下さいました。
道行を縫うのは初めてでしたので、細かく縫うのには苦労しました。裏をつける順番も長着とは違っていて、混乱しているうちに縫い上がってしまいました。もう一枚くらい縫って理解したいところです。


やまもとコメント

うん!徐々にですね。もう一枚で道行が理解出来たら天才でございます。是非とも山本にもっと通っていただけたらと願います〜。

あまり手にすることの機会の少ない、コートや羽織は勉強会を発足させましょうか?皆さんリクエストをお待ちしております。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025487
この記事に対するトラックバック