映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 母の着物を染替えた色無地 | main | 細縞の羽織 >>

白大島紬

作品名 白大島紬
制作者 N.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

頂いたもので、やっと仕立てることができました。八掛の色を迷いましたが、ピンクにしました。
いつも地味なものを選ぶことが多いのですが、たまにはキレイな色を・・・と思いました。
糸選びからキレイな色でテンションがあがりました。


やまもとコメント

絣の花には色はついていませんが、八掛けの色が花をイメージさせる色で素敵な取り合わせですね。八掛けは表から見える部分はわずかですが着物の雰囲気はガラッと変わります。腕を動かした時の袖口、歩いたときの裾返し見える優しいピンク色にまたまた気分が上がりそうですね!

Kさんは着物を着用する機会が多いということで、着れ易い裾には裾切れ対応の施しをされています。テープ状の生地をくけていくのですが、一手間かけることで長く使用できますね。それでも傷んでしまった時はまた素敵な色の八掛けで楽しんでくださいね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025488
この記事に対するトラックバック