映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白大島紬 | main | 息子の浴衣 >>

細縞の羽織

作品名 細縞の羽織
制作者 A.N さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

秋冬向けに振りを閉じた羽織を作りました。これ迄、家にある裄や丈の短い母や祖母の着物を活かしたいと思い、仕立て直しも致しましたが中々手が追いつきません。
振りを閉じた羽織物があれば・・・と常々思っており、今回の制作に至りました。これで家で眠っている着物も出番が増えることでしょう。(一番は針の腕を上げて、着々と寸法直しをするのが良いのですが・・・今後の課題とします(笑))
羽織は初めてでしたが、先生の言葉に添って縫い進めていくと、見る見るうちに一枚の布が衣として形を成して行くさまに感動を覚えます。この秋冬は体も心も温々できそうです。ありがとうございました。


やまもとコメント

女物の羽織は着物のように袖振があいていますが、今回は男物のように袖を付けました。Nさんのように裄や袖丈の違うお着物をお持ちの場合袖付けが男物のように付いていると、その違いが隠れてくれます。そして風も通りにくくなるので寒い時季にもぴったりですね。寸法直しはお仕立ての流れを把握していないと、1からお仕立てするよりも難しい場合が多いです。一緒にひとつずつ、気持ちよく着れるお着物を作っていきましょう。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025489
この記事に対するトラックバック