映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 名古屋帯グループレッスン第2回 | main | ご縁の袷(きるものがたり展 展示作品) >>

古代糸織の白鷹紬”淡雪”(きるものがたり展 展示作品)

作品名 古代糸織の白鷹紬”淡雪”
制作者 K.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

工房で出合った反物です。優しい色合いに惹かれました。
紬地なので縫い易かったです。
何年経ってもヨチヨチ歩き。点数はつけられません。
何度も何度も繰り返し御指導してくださる先生方に
感謝申し上げるのみです。
お教室を楽しんでおります。


やまもとコメント

Sさんは10年以上も前から和裁教室に通ってくれています。

着物を作り上げること、そして行程を楽しむ事に重きをおいて制作されています。

「バリバリ」でなくて良いし、なろうと思わなくてもよし。

いつまでも「ヨチヨチ」でも山本に来ていることで胸を張っていただけたら嬉しいです。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025497
この記事に対するトラックバック