映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 息子の浴衣 | main | 結城縮 >>

『唐獅子牡丹』羽織

作品名 『唐獅子牡丹』羽織
制作者 R.K さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

このところずっと、夫と私の実家の二件分の和箪笥の中を、ゆっくりゆっくり整理しているのですが、その中で、古い黒の絵羽織の裏に、なんとも可愛い赤い唐獅子を見つけました。「これは 保存だわ!」。
暫くして、今度は、比較的新しそうな「長春色」の長羽織を発見しました。でも、こちらは、私には丈が長過ぎで、羽裏も地味で気に入らない。
「であれば!!」と、唐獅子を洗い張りに出して裏に使い、完璧に私好みにカスタマイズしましたのが、今回の羽織でございます。 題して『唐獅子牡丹羽織』。
違いました! 表地は、牡丹唐草ではなくて、菊唐草でした。・・ちょっと残念(笑)

直美先生、今回も、手取り足取りのご指導を賜り、どうもありがとうございました!


やまもとコメント

雄々しい獅子に負けない、華麗な菊唐草模様だと思いますよ!見えない所に気を配り裏地にお気に入りをもってくる、和装の取り合わせの素晴らしさを楽しんでらっしゃいましたね。Kさんらしいコーディネートで他にはない羽織になりました。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025498
この記事に対するトラックバック