映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 駒繋ぎ柄 両面染小紋 | main | 1/2成人式 >>

絞りの羽織

作品名 絞りの羽織
制作者 A.M さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

夫の実家の箪笥に眠っていた古い羽織を仕立て直しました。古いものですが着用感は無く、綺麗なまま。一体誰のものだったのやら。
絞りは厚みがあるせいか、縫っている間も暖かかったです。ただ力を入れて糸こきをするとどこまでも伸びるので、力加減が難しく感じました。


やまもとコメント

今では絵羽になっている絞りの上物は手に入りにくい品物です。仕立て上がるとデザインの素晴らしさも感じられる羽織になりましたね。絞りの生地は、印を付ける時、糸こきをする時、コテをかける時と伸ばしてしまわないようにと配慮するポイントが多いのですが、Mさんはその点に気づき丁寧に作業されていたので、安心して見ていられましたよ。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025499
この記事に対するトラックバック