映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古代糸織の白鷹紬”淡雪”(きるものがたり展 展示作品) | main | 6月のお教室 >>

ご縁の袷(きるものがたり展 展示作品)

作品名 ご縁の袷
制作者 田中 玲子 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

この反物に出合ったのは何年か前の展示会でした。一目でいいなと思ったのですが、あまり着たことのない地色だったので、少しためらいがあり、断念しました。その後教室で再度見たのですが、その時も決心がつきませんでした。今年になってふとこの反物の話をしましたら、まだ先生の手元にあると伺い、この度はためらわずもとめることにしたのです。この反物は私と強いご縁があったということでしょうか。大事にしたいと思います。


やまもとコメント

ありがとうございます。良い反物や作品は責任を持って特別に発注したり、約束の元に作られる信頼関係から生まれると思っています。そのようなこの着物に感謝ですね。

山本に来た時点で田中さんの手元で活躍することが決まっていたのですよ。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025501
この記事に対するトラックバック