映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「工房お見立て会」開催です。(6/15〜) | main | 8月のお教室 >>

浦野さんの紬帯

作品名 浦野さんの紬帯
制作者 M.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

浦野さんのコレクションを拝見して、”ひとめぼれ”した紬の帯です。藍色の弓浜や久留米絣とぴったりだと感じた色です。
布地から縫いにくいのではと心配しましたが、先生のご指導により、完成しました。今では手に入りにくい紬独特の手ざわりを楽しみながら着こなしていきたいと思っています。


やまもとコメント

浦野さんの作品の特徴の一つに、たて節が見られます。こちらの帯もそのたて節がある生地でしたね。

無地でも立体的に見えてボリュームがあり、優しい色合いの帯になりました。このたて節が見た目に縫い難く見られたのでしょう。

「良い色だわー」と眺めていましたね。Fさんのらしいコーディネートでたくさん出番を作っていってあげてください!

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025502
この記事に対するトラックバック