映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< H30後期 名古屋帯グループレッスン5・6回目 | main | 江戸小紋 八掛付き(一つ紋) >>

お気に入りの村山大島

作品名 お気に入りの村山大島
制作者 pipさん

 

 

 


受講生徒コメント

今まで袖を通した回数が一番多い着物だったと思う。この着物を手に入れて、気軽に自分で着たいと着付けの練習をするきっかけになりました。本場大島には気後れしますが、これならば気楽に楽しめるのが、お気に入りの理由です。
洗って仕立て直すことで風合いが一段と良くなったような・・・「もう派手すぎますよ」と言われるまで着つづけるだろうな、おそらくは。


やまもとコメント

一度ほどき洗い張りした事で全体的に柔らかく感じられたのかもしれませんね。今のNさんの体型に合うように再度採寸をして仕立てていただいたので以前と違う着心地を感じていただけるのではないかと思います。ピンクが派手に感じたら薄く色をかけてあげると落ち着いた色合いになるかもしれません。たくさん着て、お直しするのも楽しみになりますね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025504
この記事に対するトラックバック