映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『唐獅子牡丹』羽織 | main | 職業体験 >>

結城縮

作品名 結城紬
制作者 Y.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

大好きな青灰色に揺れる水面の光を映したような紋様が涼しげです。結城紬の縮織り、柔らかくてさらっとしていて気持ちがいいです。イメージとしては水辺に佇む貴婦人(本人とは関係なくあくまでもイメージなので!)縫っていて楽しかったです。素材によって違う縫い心地、いろいろな声が聞こえてきますね。うまく縫えたとか縫えないとか、そういうのを超えた楽しみがあります。モノだけど、モノ以上の何かと会話しているように感じます。


やまもとコメント

結城紬は売られている状態では糊付けがされているので、お仕立て前には糊を落とすため再度結城に戻ります。様々な人の手を渡り、お蚕さんからひとつの反物になるのです。ご自身でお仕立てする事で指先から様々な人の思いが伝わってくるのかもしれません。

単衣にお仕立てされたので、縮のサラリとした着心地と清涼感のある色柄が、夏の近づいてきた頃にピッタリですね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025505
この記事に対するトラックバック