映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ステンドグラス柄名古屋帯 | main | 9月のお教室 >>

子供用浴衣

作品名 子供用浴衣
制作者  肥後 三津枝 さん

 

 

 


受講生徒コメント

七五三に着物が着れるかどうか心配で、まず浴衣で慣れさせようと思いました。また毎年見に行く花火大会にも着せたいと思い、子供の浴衣を仕立てようと思いました。小さいので白地の方が可愛いかなと。でも柄が大きかったのでちょっと心配しましたが、着せてみたら心配したほどではなく良かった(可愛かった) 子供の浴衣と言えども、一つ一つの作業が細かく、始末も多いなァと思いました。


やまもとコメント

子ども物は肩あげや腰あげの行程が最後にあるので、形になってから一手間二手間かかります。しかし、この「あげ」がなんとも子どもらしくて可愛らしいですよね。子どもさんは夏の間にグンと手足や背がのびます。来年は成長を感じながらあげを調節して何回か着る機会を作ってあげてくださいませ。今年楽しく浴衣を着てもらえますように願っています。

 

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025506
この記事に対するトラックバック