映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 沖縄染織いざなふの風展  風景 | main | 沖縄染織いざなふの風展 >>

男物(アンサンブル)&長襦袢

作品名 男物(アンサンブル)&長襦袢
制作者  肥後 三津枝 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

長襦袢は二枚目で、立衿の片方を自分で待ち針を打ち仕立てたところ、立衿の裾に段差ができました。自分でも待ち針を打ちながら、前身頃の上にくると思い込み、少し出して待ち針を打った結果、出来上がりで段差ができました。ヘラ印の重要さを実感しました。 正月に主人も一緒に着物を着られたらと思い、男物を仕立てたいと思いました。今までの女物とは仕立て方、ヘラの場所など違う部分も多く、戸惑いもありましたが、先生の指導のもと出来上がりました。 薄いグレーと濃いグレーのアンサンブルで色合いもよく、縫いやすい反物で良かったです。羽織は初めてだったので、先生の指示通りに縫って、仕立てることができました。


やまもとコメント

男物は内揚げの位置や袖付け等女物とこんなにも違いがあるのか戸惑う箇所が多々あった事と思います。しかしその違いも楽しみながら縫い進められたのではないでしょうか。着物の八掛は紺、羽織では鳥獣戯画の裏地でグレーとの相性の良い落ち着いた紫色を選んでいただきました。お正月に着物を着て一緒にお出掛けするのも楽しみですね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025507
この記事に対するトラックバック