映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お気に入りの村山大島 | main | 12月のお教室 >>

江戸小紋 八掛付き(一つ紋)

作品名 江戸小紋 八掛付き(一つ紋)
制作者  肥後 三津枝 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

「きるものがたり展」で一つ紋の着物が何点か出展されていて、五つ紋は重いけど、一つ紋に関心を持ち「心よきもの展」で「御召」とこの「小紋」が気に入りました。特にこの小紋は裏地の方を使うこともできるという話に面白いと興味を持ちました。八掛付きなので、仕上げていくうちに重いと思いました。


やまもとコメント

万筋の小紋で両面柄になっています。沢山来ていただいた後は裏側の面を表にしてみたり、裾からチラリと裏の柄が楽しめるように単衣に仕立て直したりしていただける反物ですよ。柔らか物の独特の重みは着ると体に馴染むように感じられます。一つ紋ですので帯を変えながら様々なシーンで楽しんでください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025508
この記事に対するトラックバック