映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< グループレッスン3回目 | main | グループレッスン4回目 >>

紬の袷・花唐草(きるものがたり展 展示作品)

作品名 紬の袷・花唐草
制作者  H.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

秩父の新啓織物の機場公開「ハタオト展」で求めた反物です。私にしては珍しく優しい色で、着てみると何とも気恥ずかしさで一杯でしたが、意外と友人からは好評で、気をよくしています。
ハタオト展では、反物がどのように仕上がっていくのか、実際に織られていく現場を拝見し説明をお聞きし、大変な作業であることを感じました。その布を自分の手で縫い上げることができる嬉しさ、一入思いのこもった一枚となりました。仕上がる度に達成感だけでなく幸せな気持ちも一緒にもらえます。


やまもとコメント

新啓織物の新井さんとは横浜の展示会でご一緒したことがある友人です。

生徒さん、友人ともつながるのはホント嬉しいことでありますね。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025511
この記事に対するトラックバック