映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のお教室 | main | 2月8日 針供養のご案内 >>

中学生の職場体験学習の感想

山本工藝では、以前から地域の学生の職場体験学習を受け入れてます。

中学生の皆さんにとっては普段は目にする事のない和裁の仕事、新鮮に映るようです。

当工房での職場体験は、和裁の針の動かし方を学んだ上でのコースターづくりや、浴衣の着付など、日本の文化を感じてもらえるよい機会になっているとも感じ、次の世代を担う世代に少しでも何か伝えていけたらと思います。

先日も当工房で職場体験をした中学生からうれしい感想をいただいたので、様子と共にちょっとご紹介いたします。

 

   

   

 

  

 

 

 

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025513
この記事に対するトラックバック