映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 中学生の職場体験学習の感想 | main | 明日より「吉岡政江」展を一ヶ月開催いたします >>

2月8日 針供養のご案内

 毎年2月8日は針を供養する日です。

1年の区切りとして曲がった針や折れたりした針を豆腐にさし感謝する法要がおこなわれます。

針がうまく扱えて裁縫が上達しますようにと願いを込めるのもいいでしょう。

 

針供養の時期には、ちょうど梅が咲き始めます。

岡村天満宮でも、毎年綺麗な梅の花を見る事ができ、それも楽しみのひとつ!

 

針供養のあとには中華街での食事会も企画しています。

根岸駅からタクシーで向かいます。洋服でもいいですよ、お楽しみに。

 

日   :   平成30年2月8日(木) 12:30 JR根岸駅集合 

費   : 5,500円  針供養のみ 1,000円 (針供養奉納代&タクシー代)

場   : JR根岸駅集合〜岡村天満宮で針供養〜横浜中華街でお食事(16:00〜)

   :  折れ針、曲り針 、御賽銭、大変寒い所なので防寒具をお忘れなく!!

お申込み:  お電話にて、やまもと工藝(045-410-0410)
     メール (info@yamamoto-kimono.com) までお申し込みください
     参加条件 なし(一般の方の方もどうぞ)

 

針供養の様子です

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025514
この記事に対するトラックバック