映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月8日 針供養のご案内 | main | 両面染めの小紋 >>

明日より「吉岡政江」展を一ヶ月開催いたします

友人の吉岡政江さんの、優しさに包まれた着物をご紹介します。

わたしも「大丈夫」と自信をもって応援していた吉岡さん。

今では、日本伝統工芸展に毎回入選を果たし、明日発売の世界文化社「きものサロン」注目の新鋭作家の巻頭を飾っています。

この優しさに包まれた布にぜひ触れていただきたいと願っています。

 

日本伝統工芸展入選「緑陰」

 

綾織縞土染め「万葉の道」

 

日本伝統工芸展入選「野辺の彼方から」

 

日本伝統工芸展入選「果の香」

 

日本伝統工芸展入選「涼風」

 

日本伝統工芸展入選「花詠み」

 

日本伝統工芸展入選「草霞む」

 

他にも日本伝統工芸展入選作品が多数あります。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025515
この記事に対するトラックバック