映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月のお教室 | main | 山本セレクト品のコーディネート >>

グループレッスン始まりました

本日より着付けグループレッスン8回コースが始まりました。

長襦袢から30分で着付けが出来るようになるために週一回の集中講座です。

今期は金曜日のコースはなくなり、土曜日のみの開催となりました。

 

1回目のポイントは補正と長襦袢の大切さです。

補正は土台となります。

出来上がりがこけしの様な寸胴になるように一人一人の体型を見て先生が補正する箇所を教えてくれました。

 

その上に長襦袢です。

綺麗に着る為の基礎ですので、長襦袢の羽織り方から何回も何回も着ました。

 

お着物の畳み方もしっかりとお伝えします。

 

1回2時間ですが初回だったので、生徒さんはなかなか腕が上がらなかったり、体が痛かったり。

「普段使わない筋肉を使ってストレッチになりましたね」と先生の一言。

週1回の講座なので体が着付けに馴れてくるのも早いと思いますよ。

これから綺麗な着物姿目指してがんばっていきましょう!!

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025522
この記事に対するトラックバック