映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 手描裏付き無地着物(きるものがたり展 展示作品) | main | 古代糸織の白鷹紬”淡雪”(きるものがたり展 展示作品) >>

名古屋帯グループレッスン第2回

「もう忘れちゃったかもー」と生徒さんの声で始まった名古屋帯グループレッスンの第2回目。

先生は「忘れても大丈夫ですよ。繰り返していきましょう」との返事。

心配な様子でスタートしましたが前回よりも紐の扱いが馴れてきているようで

「気持ちいい」と、締めたときに気持ちの良い加減がわかるようになってきました。

 

今回は前回同様長襦袢の着方を繰り返し重点的に、後半は着物の裾丈を意識して腰紐の締め方を練習しました。

週に一回の講座なので、始めは前回の内容を忘れていても徐々に思い出していき、長襦袢を着る手順はスムーズになってきました。

始まりの先生の言葉のように、繰り返し体を動かしていくことが大切ですね。

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025525
この記事に対するトラックバック