映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< きるものがたり展準備完了‼ | main | 紬の袷・花唐草(きるものがたり展 展示作品) >>

グループレッスン3回目

まだ4月ですが、日中は外を歩くと汗ばむ気候でしたね。

着付けでは、体の馴れない部分を動かしたり、集中して緊張で汗をかいてしまうことがありますので、

冷房と扇風機をつけて本日はスタートしました!

 

長襦袢の着方も馴れた手つきです。

前回は裾の長さに気をつけましたが、今回は胸の袷を意識して練習しました。

左右対称に。おはしょりが一枚にすっきりと見えるように、下前の処理を先生に手伝っていただきながら繰り返し行います。

 

実は1、2回目はマイサイズではない長襦袢で講座を受けていた生徒さん。

以前着用されていた振袖を今の寸法に仕立て変えしました。

着て見ると「本当に長襦袢が違うだけで着心地が違うのですね」と驚かれていました。

 

最後に名古屋帯を先生に締めていただきました!

次回は名古屋帯に入ります!

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025529
この記事に対するトラックバック