映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グループレッスン6回目 | main | 沖縄染織いざなふの風展コーディネート >>

グループレッスン7回目

前回のレッスンで帯の種類についてお話を聞いていたので「今日は違う帯を持ってきました!」と生徒さんは八寸の松葉仕立ての帯をお持ちになりました。

自分で前太鼓の帯幅を調節したり、ちょうど良い幅を確認していきました。

生徒さんによっては毎回同じお着物や帯で手に馴れさせていく方と、違うものを使用し様々なパターンで着方を学んでいます。

少人数でのグループレッスンなので生徒さん一人一人の着方に目が届き、また他の人の着方や直す姿を見る事で着物を着る事への理解が深まっていきますね。

帯揚げの綺麗な結び方、帯締めの素早い結び方等細かいところまで気をつけながら、二時間半のレッスンで二回通して着る事が出来ました。お話しながらですが、約40分ほどで着れるようになってきました。

4月から全く着る事が出来なかったころから、素晴らしい努力ですね!
あと一回素敵な着姿目指していきましょう!

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025538
この記事に対するトラックバック