映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浴衣・半巾帯講座 | main | 私の「終活」つづき >>

更紗柄名古屋帯

作品名 更紗柄名古屋帯
制作者  K.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

どのような着物にもあわせやすい色柄の帯ということで購入しました。
厚い芯だったので、芯をとじるのにちょっと苦労しました。
できあがって形になったら思っていたよりも素敵でとても嬉しいです。


やまもとコメント

さあ、どのような帯〆帯揚げを合わせましょう!着物との関係からも変わってきますが、考えるだけで楽しくなる柄です。帯の見所は何といっても角の仕上げです。シャープに仕上がっています。芯入れは苦労されましたが、芯と表地のなじみ具合もポイントでしょう。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025556
この記事に対するトラックバック