映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 更紗柄名古屋帯 | main | ステンドグラス柄名古屋帯 >>

私の「終活」つづき

作品名 私の「終活」つづき
制作者  NONNA N. さん

 

 


受講生徒コメント

妹から貰っていた絹布四点を妹の娘のものに縫い直すことにしました。織物を始めたばかりの頃の作品で、どれも染めムラ有、織ムラ有ですが、娘ならば母親が手間をかけた布に愛着が涌くのでは―と思い、この仕事に取りかかりました。
ヤシャと一位で染めた縦縞の袷長着。インド茜、タンガラの名古屋帯が各一本。そしてヤシャ染めのこの羽織が最後の四枚目です。植物染料の色同士、さぞかしトーンが合うことでしょう。
この他に、この三年間で、あの方、この方に五点、計九点の終活作品を仕上げることが出来、すべてに感謝しています。


やまもとコメント

NONNA N.さんありがとうございます。ご経験者で他の教室に在籍し通いつつも、山本の技術を学びたいと向上心をみなぎらせながら製作していただきました。大変先細っているこの業種、次の世代へ渡していただく、NONNA N.さんも貴重な繋ぎ手の一人です。感謝です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025557
この記事に対するトラックバック