映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山本コーディネート | main | ヘチマ衿の道中着 >>

自作した昼夜織りの名古屋帯

作品名 自作した昼夜織りの名古屋帯
制作者  S.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

5年ほど前に織った帯地です(自作です)。主に西洋茜で糸を染め、通常の昼夜織りと少し組織を変えて織りました。
糸に節があるため、この組織には合っていなかったようで、ダブついた糸が模様のようになってしまいました。残念ながら失敗作ですが、それが味にもなったかなと思います。
名古屋帯を縫うのは3本目でしたが、まだまだ覚えられず情けないです。これからもご指導よろしくお願いいたします。


やまもとコメント

ご自身で織った帯を仕立ても自らこなし装う!いっぱい出掛けてください。自分へのご褒美、すばらしい事です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025558
この記事に対するトラックバック