映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1月のお教室 | main | 駒繋ぎ柄 両面染小紋 >>

龍郷柄大島紬の道中着

作品名 龍郷柄大島紬の道中着
制作者  S.S さん

 


受講生徒コメント

子供の時、母が参観日等に好んで着ていた大島の着物、私も気に入っていたので、着たい一着になりました。でも母の身丈のままでは丈が足りないので、思い切って身頃にハサミを入れ、残布があったのでおはしょり部分にハギを入れて少し身丈を伸ばすことが出来ました。その着物もあまり着ることがなかったので、最近になり大島のコートだと軽くて良いなと思い、仕立て直しを決断。身頃を切った部分をそのまま繋いでも縫代をとられるので柄が合いません。少しでも目立たない様にと先生が工夫して下さり、5ヶ所もつないだとは思えない、一枚の布の様に柄合わせをすることが出来ました。ガード加工もしているので、雨天でもOKです。良いコート(道中着)が出来て、とてもうれしいです。先生ありがとうございました


やまもとコメント

子供の頃のお母様の着物姿の想い出が、さまざま形を変えて自分を着飾ってくれる―。守っていて下さるようで、すばらしいアイテムですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025560
この記事に対するトラックバック