映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ヘチマ衿の道中着 | main | やまもと工藝 研究会「きもの座学」のお知らせ >>

両面染小紋

作品名 両面染小紋
制作者  R.K さん

 

 


受講生徒コメント

お出掛け用の単衣が欲しくて仕立てた単衣小紋です。両面染めで表と裏で色柄が異なっているのがお気に入りです。
単衣はくけの部分が多く、縫い目も見えるので、何年も通っているのにこの程度なのかとこの場に飾られるのは少し不安です。
しつけが付いたままですが、今年こそは単衣の季節にこのお着物でお出掛けしたいと思っています。


やまもとコメント

単衣は縫目が見える事に気が付き、意識されるとは上達している証拠です。立派に縫い上がって完成されています。皆さんが感じるよりも完成度は高いのですよ。私もこの教室は明るく楽しく、トップの技術を提供していけているものと思ってます。これからも研鑽を重ねていきますね。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025564
この記事に対するトラックバック