映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 娘の成人式振袖と長襦袢 | main | 緑の花浮織着物 >>

ピンク地を染め替えた絵羽小紋

作品名 ピンク地を染め替えた絵羽小紋
制作者  M.K さん

 


受講生徒コメント

大昔に作ってもらったピンク地の着物。これをどうにか活用できないだろうかと思っていたところ、スタッフの方が濃い色を上からかけて色を変える方法を教えて下さり、早速お願いしました。とても感じのよい、少し緑色も入っているような色に仕上がってきましたので、縫い直しました。家族の集まり、観劇等に着ていけたらと思います。


やまもとコメント

洗い張りや寸法直し、型を変える!例えば着物だった物が羽織に、羽織がコートに、等々出来ることをご存知ですか?それもスゴイことですが、更にその上色も変えることができるのです。山本ではすべてをコントロールすることができます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025568
この記事に対するトラックバック