映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 米沢の紅花染紬 | main | 総絞り四ツ身祝着 >>

初めての作品:染め蚊絣大島紬

作品名 初めての作品:染め蚊絣大島紬
制作者  Y.W さん

 


受講生徒コメント

教室に入って初めて縫い上げた作品です。
初めてなので、今自分がどのパーツを縫っているかを理解するのもやっとでしたし、何より私は「糸こき」が大の苦手で、何度もやり直しました。先生にチェックしてもらわないと玉止めをするのも恐かったです。それでも先生のご指導で無事縫い上げることができました。自分で縫い上げた、自分サイズの着物を着れるなんて、とてもぜいたくだし、ワクワクします。シンプルな色・柄なので、どんな小物を合わせようかと考えている時間も楽しいです。


やまもとコメント

私の割出す皆様のサイズは通常の和裁技術では出来ない全くの別物。着付けもピッタリと馴染み、時間も楽しくなるのです。全国からお声をいただく所以です。通常では作れない味わえない着心地のきものがお教室で自作できるわけです。Wさん!感想きかせて下さいね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025569
この記事に対するトラックバック