映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 1/2成人式 | main | 春先に着たくなる道中着 >>

黒地絣糸使い大島紬

作品名 黒地絣糸使い大島紬
制作者  Y.W さん

 


受講生徒コメント

大島紬大好きです。
”シャラ!シャラ!””キュッ、キュッ”かしら、着ていると、そんな音がするんです。
工房でこの反物に出合い、価格も私にとってお手頃であったこと、そして帯で色々と楽しめそうと思い、作りあげました。
最近は着物を着る機会がぐっと減ってしまいました。でもこれからは普段に気軽に着ることを目標にして、まずは工房で出会ったこの大島紬を手始めに、帯や小物で色々とコーディネートし、センスを磨きつつ、普段の生活で贅沢を楽しみたいと思います。


やまもとコメント

大島は何と言っても軽く、しかも暖かい。しかし見た目は涼しげ。こんな便利な生地はありません。旅先で着るにはもってこいですね。よく大島は「紬」だから正式にはダメよ!という人がいますが、実は大島には紬糸は一切使われていません。こんなことも知っていれば、自分の用途を考えつつ、選択の幅が広がりますね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025570
この記事に対するトラックバック