映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私の「終活」つづき | main | 子供用浴衣 >>

ステンドグラス柄名古屋帯

作品名 ステンドグラス柄名古屋帯
制作者  M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

あまりに綺麗な染め帯に、心ひかれてお話を伺ったところ「京都の女性がお一人でそめていらっしゃいます」
初めて縫う染めの名古屋帯は、この帯にしようとすぐに決めました。
良い紬地なので、とても楽しく仕上げることが出来て、嬉しかったです。


やまもとコメント

この帯はチャンチン染めという技法で染められています。チャンチンとは染め道具の一つで、色と色とが重なってにじまない様に防染させる糊を線上に引いて行くものです。一つ一つの線が手で引き描かれているので、生きた表情になるのが特徴です。良い生地と生きた手染、それにTさんの手縫いのカルテットで生まれました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025571
この記事に対するトラックバック