映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「沖縄染織いざなふの風展 【同時開催】着物お見立て相談会」 | main | 娘の成人式振袖と長襦袢 >>

白鷹のぜんまい紬

作品名 白鷹のぜんまい紬
制作者  M.T さん

 


受講生徒コメント

ある日、工房の展示スペースに飾られていたこの反物に目が止まりました。色柄や紬の風合いが気に入ったのか、頭にずっと残っていたのです。前の作品が終わる頃、購入を決めました。裏地には好きなブルー系を選びました。
袷を縫うのは初めてで、裏地が付くのは難しいのではと少し不安でしたが、先生の御指導で一歩一歩進み、完成した時には感無量でした。裾の表地と裏地を合わせる横とじから、仕上がっていく過程は難しいところもありましたが、楽しかったです。
運針をしっかり身につけ、もっとスムーズに作業が進められるようになれるとよいのですが・・・。


やまもとコメント

単衣物と袷長着では縫う手間が違ってきますし、その工程も全く違います。単衣物を何枚も縫いこんでから袷の仕立てを覚えられるのが世の常ですが、山本では入って3ヶ月後にでも袷はかかれます。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025572
この記事に対するトラックバック