映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 緑の花浮織着物 | main |

米沢の紅花染紬

作品名 米沢の紅花染紬
制作者  田中 玲子さん

 


受講生徒コメント

着物や帯を選ぶ時はいつも最初の直感で決めています。この着物も色合いが一目で気に入って決めました。
何年習っていても一向に上手くはならないのですが、縫っていることが楽しく、これからも続けていこうと思っています。
手を動かすことは老化防止にもなりますから(笑)


やまもとコメント

田中さんは山本の和裁教室に通われて14年にもなります。さぞかし何でも一人で出来ると思うかもしれませんが訓練しているわけではありません。
ただコツコツ作り上げることを楽しまれているのです。このリズムを生活の衣に落とし込んで活躍されています。
これからもずーっと寄り添って指導していけたら私共も幸せです。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025573
この記事に対するトラックバック