映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新春初売りのお知らせ | main | 米沢産紅花紬袷 >>

花柄亀甲地紋の道行コート

作品名 花柄亀甲地紋の道行コート
制作者  C.U さん

 

 


受講生徒コメント

老眼との戦い!この一言に尽きます。
今までは縫い目の目立たない「キセ」に助けられていました。「コート」はミシンで縫う目と同じ。
表地の織りがでこぼこしていて、細かくまっすぐに縫うのがとても難しかったです。
裏地はかわいく。表地は渋く。と理想通りに仕上がり、とても満足しております。(縫い目以外は)。


やまもとコメント

Uさんもコートを縫えるまでになりましたか!感無量です。何でもチャレンジしてOKで、コートもすぐ教えられるのですが、正直難しいのお解りになりましたでしょ!だから完成させた声を聞けるのは私も嬉しい。喜びもひとしおかな。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025576
この記事に対するトラックバック