映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白鷹のぜんまい紬 | main | ピンク地を染め替えた絵羽小紋 >>

娘の成人式振袖と長襦袢

作品名 娘の成人式振袖
制作者  松井 恵理 さん

 


受講生徒コメント

ずっと縫ってみたかった大作でしたが、すでに数年前から借りる約束をしていたので、それで済ませることにしていたのですが、急遽借用できないことになり、”では縫おう!”とタイムリミットぎりぎりで決心し、娘のひと目ぼれの柄で縫い始めました。実際に縫い始めると針の通りにくい部分があり、また柄により糸を細かく変えなければならなかったり、絵柄を合わせる作業だったりと手間のかかる事が多く、なんとか当日着せることが出来たのは先生の陰のお手伝いのお陰ととても感謝してます!
娘も母手作りの着物で、帯は私の成人式の物を締め大満足で”是非自分の娘にも自慢しながら着せたい!”とずい分先の夢を語ってくれました♡(笑)


やまもとコメント

山本にとっても、隠してあった!はずの一枚でした(笑) 嫁いでいったか〜という親心です。お嬢さんの気持ちにもウルウルしてしまいます。

 

作品名 成人式振袖用襦袢
制作者  松井 恵理 さん

 


受講生徒コメント

娘の振り袖を縫う決心をして生地の相談に娘と伺ったところ、本人がひと目で”コレッ!”と決め、合わせてこの襦袢が”とても軽くていいのよっ♡うちの娘のもこれで仕立てたのよ。”と勧めて頂き、生地の軽さ、手触り、柄ともに気に入り、即決しました!
期間的にもギリギリのスタートだったのですが、とても縫いやすく、ステキな柄が形になっていくのが楽しみでした。実際に着せてみると渋い柄で地味目な袖から赤くチラチラと見える襦袢が可愛くて大満足です。和装はやっぱりステキ!です。


やまもとコメント

この生地は、本来長襦袢にするには高級すぎる作り方の板張本小紋染!振袖襦袢分は着物2着分の価値です。こちらが用意できるのも、作り手に近い山本の得意とするところ。いい迫力です。この生地もあと少しで終了です。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025577
この記事に対するトラックバック