映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ピンク地を染め替えた絵羽小紋 | main | 米沢の紅花染紬 >>

緑の花浮織着物

作品名 緑の花浮織着物
制作者  Y.T さん

 

 


受講生徒コメント

見た目の可愛さに、生地の説明を詳しく聞かないまま、次回作にと決めました。ところが、前後4ヶ所の揚げにチャコを引く事がまず難問でした。裏に織の糸がぎっしりと渡っているため、チャコが生地まで着かないのです。さらに縦横どちらの方向でも、糸が渡っている部分は自分の縫い目も全く見えないのです。本当に難しい反物でしたが、お稽古を初めて十数年、新しいチャレンジも必要だと言いきかせ、頑張り切れたと思います。仕上がってしまった今、苦労した糸の渡し部分を見て説明できない事がとても残念です。


やまもとコメント

よく頑張りましたね、私共は完成に導くことはできても、行うのは本人です。プロでも難儀するこの生地をよくぞ自分の手で仕立て上げました。おめでとう。
この作品を見て、感慨深く、Tさんのお稽古第一日目を想い出すのでした。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025578
この記事に対するトラックバック