映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 花柄亀甲地紋の道行コート | main |

米沢産紅花紬袷

作品名 緑の花浮織着物
制作者  Y.T さん

 


受講生徒コメント

この着物の生地は、やまもと工藝で行われた紅花染めのワークショップに参加した時、たくさんの反物の中から先生に選んでいただきました。
やさしい色合いで、とても気に入っています。
胸を張って外出ができるほど着付けが上手になったときには、これを着てでかけることが楽しみになりました。


やまもとコメント

Tさん、綺麗に着れる寸法に仕立て上がってますから大丈夫ですよ。皆さん着付が難しい、上手く着られないと思う方が多いのですが、最大の原因は仕立てが身体に合っていないのです。ピッタリにさっと合わさる胸元の長襦袢、それに乗って出来上る長着等は、着付が楽なんてものではないくらい感動を呼ぶことができます。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025579
この記事に対するトラックバック