映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月のお教室 | main | 「工房お見立て会」開催中です。(6/15〜) >>

やまもと工藝 研究会 「長襦袢」のお知らせ

”着物が体にすいつくよう”と着心地のよさを全国のお客様に実感していただいている当工房の仕立て。

やまもと工藝が普段お客様に施しているお仕立てのポイントを、主宰の山本秀司がお伝えする座学の講座です。

 

今月は「長襦袢」。

美しい着姿の土台である長襦袢。

やまもと工藝ではお客様のご要望に合わせ、様々な工夫を凝らし着心地のよい長襦袢をお納めしています。

その着心地はやまもと工藝ご愛用のお客様からプロの方まで、着付時間が半分になった等、多方面において反響をいただいております。

通常のお教室ではなかなかお話する機会のない、体にピッタリ合う仕上がりにするための技法や、長襦袢の様々な形、仕立て方についてお話いたします。

お教室以外の方もご参加いただけますので、ご興味のある方はぜひお申し込みください。

 

   

   

  

生徒さんの長襦袢の仕立て方も、やまもと工藝の技法によるものです

 

◇ やまもと工藝 研究会「長襦袢について」  

日 時: 2018年8月19日(日) 10〜12時半

場 所: やまもと工藝

費 用: 会員の方 ¥2,160(税込) 

     一般の方 ¥3,240(税込)

講 師: 山本 秀司

 

お申し込み方法:お電話、メールまたは工房にて直接お申込み下さい。

        電 話:045-410-0410

        メール:info@yamamoto-kimono.com

        ※定員に達し次第〆切

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025583
この記事に対するトラックバック