映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のお教室 | main | 青地小紋羽織 >>

白地に小花柄の袋帯

作品名 白地に小花柄の袋帯
制作者 Y.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

前に縫った付け下げに合わせた袋帯です。芯は先生のおすすめもあり、絹芯にしたので、とても軽い仕上がりになりました。


やまもとコメント

優しいオレンジ色の付け下げは可愛らしい模様でしたので、シンプルな袋帯を紹介させていただきました。袋帯は裏に糸が走っている事が多いので、糸に馴染みやすく軽い絹芯をオススメすることが多いです。是非締めた時の感想もお聞かせくださいませ。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025584
この記事に対するトラックバック