映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風 /手仕事にいざなう2日間 開催
6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3 三階橋楽亭
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白地に小花柄の袋帯 | main | 針供養 >>

青地小紋羽織

作品名 青地小紋羽織
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

青地とはいえ可愛い感じの小紋。子どもの頃の着物です。ずっと残してあったのですが、この度羽織としてリニューアルすることができました。裏地も一度も着用することがなかった長襦袢からの転用です。無駄にすることなく活かすことができて嬉しいです。
表裏の質感の違いが手になじまず、それぞれは縫いやすいのに、合わさった時には縫いにくく感じました。
可愛さは変わらないものの、羽織になったことで組み合わせの幅が広がって、今から楽しみにしておりますが、いつまで着られるかしら・・・?


やまもとコメント

長襦袢の生地は表地にはないような柄のものがあったり、ツルリとした質感があるので、羽織等の裏に使用する事があります。
子どもの時着ていたが形を変えてまた着れるのは、和裁の素晴らしさですね。着物も喜んでいるのではないでしょうか。
「子どもの頃着てたものなのよ」とたくさんの方にご紹介してあげて下さい!!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025585
この記事に対するトラックバック