映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鰹縞遠州木綿 | main | 日本橋三越カルチャーサロン 数奇屋袋三回目 >>

こげ茶御召小紋

作品名 こげ茶御召小紋
制作者 肥後 三津枝 さん

 


受講生徒コメント

「心よきもの展」で目にして、色柄ともに一目で気に入りました。この御召の前に柔らかもの(江戸小紋)を仕立てていたので、軽くて縫いやすいなと感じました。袖の丸みを付け側に付ける間違いもありましたが、一枚の着物を仕上げる時間(期間)が少し短くなったかなと喜んでいます。 1つ1つの細かいところ(縫い方、糸、縫い側等々)・・・まだまだ注意する点を覚えていかなければと思います。 引き糸の位置が五厘広くなっていたようで、右衿先の幅が違っていました。気をつけます。


やまもとコメント

そうそう、気が付かないうちに、ご自分でも自然と段取りを整うことが出来るようになっているのです。直しが発生してしまっても、時間と手間が頭に浮かべば、それもまた作りあげた時の喜びに変えることができます。
細かい技術は山本で整えてますから大丈夫。衿巾の巾なんて、気にすることないですからねー。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025587
この記事に対するトラックバック