映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 染めかえて仕立て直した江戸小紋 | main | 更紗柄名古屋帯 >>

浴衣・半巾帯講座

7/14(土)浴衣・半巾帯講座が行われました。

 

帯の結び方の資料も用意させていただきましたが、やはり慣れるが一番!資料は横目に、時間いっぱいに手を動かしました。

 

浴衣を涼しげに着るポイントをお伝えしながら帯の結びを何種類か締めてみます。

浴衣の裾は少し短めに、衿は深めに合わせていきます。

暑いからといって簡略するのではなく、肌着もきちんと着ることで汗取りになりますよ。

 

 

 

帯結びも何種類かご紹介。

半巾帯と一言に言っても、皆さんそれぞれに違った風合いの半巾帯でした。

「この帯はこの結び方がいいね」「この帯はキュッとしめやすい」と帯によって合う結びや表情の付け方があることが分かりました!

 

今年の夏には自分にあった帯結びが見つけられそうですね。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025591
この記事に対するトラックバック