映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 総絞り四ツ身祝着 | main | 自作した昼夜織りの名古屋帯 >>

山本コーディネート

まだ暑い日が続きそうですね。

柿渋染生つむぎとピンク夏絽の着尺です。

 


 

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025595
この記事に対するトラックバック