映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10月のお教室 | main | 名前に惹かれた古渡染浴衣 >>

三越カルチャーサロンで帛紗の講習がありました

一週間前の話ですが、三越カルチャーサロンで帛紗の講習を行ってまいりました。

単発ですが定期的に行わせていただき、今回で3回目となります。

↑小帛紗

 

二時間半で帛紗についての座学、針の持ち方から運針までを一つずつお伝えし、帛紗を縫い上げて行きます。

鈴木時代裂研究所の復元裂を使用しての特別な講習です。今回は無地の生地も用意しました。

↑大帛紗
 

9名の参加者の中にはリピートの方も数名いらっしゃっいました。

四つ角をきれいに仕上げる方法や、表にひっくり返す手順にびっくりされる姿もあり、二時間半と短い時間でしたが完成させた充実感を感じていただけた時間になったように思います。

一度お預かりしてしっかりと仕上げをして桐箱に入れてお渡し致します。

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025598
この記事に対するトラックバック