映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
6月2日 花火鑑賞&イタリアンディナーの会 18:30 〜 10,000yenn
沖縄染織いざなふの風 6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3橋楽亭
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 職業体験 中学校訪問 | main | こげ茶御召小紋 >>

鰹縞遠州木綿

作品名 鰹縞遠州木綿
制作者 Y.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

単衣の着物で、初めて居敷当てを付ける仕立てにしましたが、大変でした。
下に長襦袢を着たら秋口にも着れるので、積極的に着ていきたいと思います。


やまもとコメント

お正月の福袋の1つです。お揃いの柄のエプロンは活躍していますでしょうか。
鰹のお腹の様に濃い色から薄い色へ変化のついた縞なので「かつおじま」と呼ばれる縞です。
居敷当にはお持ちだったキュプラの生地を使用しました。つり合いやくけ等大変だったかと思いますが、沢山着用していただき、裾さばきの良さを感じてくださいね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025600
この記事に対するトラックバック