映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒の羽織 | main | 名古屋帯8回コース受講された方の感想 >>

鹿の帯

作品名 鹿の帯
制作者 松井 oshirikun さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて芯を入れた名古屋帯を作りました。ずっと馬の柄だと思っていたら、皆さんに”鹿ですよ”って云われました。
裏の色味がとても気に入っています。どの着物に締めようかなぁ〜って選べるほどもちあわせはないので、帯に合わせてこんどは着物、縫ってみようかなぁ。


やまもとコメント

お正月の福袋の中の1点でしたね。太鼓裏の色は表の柄が引き立つように柄に近い色で染めて用意させていただきました。
タレを青の無地にすることもできましたが、鹿をメインに選びましたね。芯とじは苦労する方も多いのですが、松井oshirikunさんは「分かった!!」とポチポチっと生地をはずして芯だけ止める作業がズムーズに出来ていていました。すごいです!

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025601
この記事に対するトラックバック