映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山本コーディネート | main | H30後期 名古屋帯グループレッスン2回目 >>

H30後期グループレッスン1回目

9月8日より全8回の名古屋帯グループレッスンが始まりました。

まずは持ち物点検。次に美しい着姿の基本は補正と長襦袢にあることをテキストも使いながら丁寧にお伝えしました。その後、それぞれの体型に応じた基本のタオル補正。3人3様!それぞれにタオルの入れ方が違いました。

長襦袢を繰り返し着てみると、ご自分の肩の傾斜に気付かれたり、「胸元をもう少しふっくらと!」など着姿のイメージが湧いてこられたようでした。

補正の基本は「肩・胸元・腰回り」です。

最初は腰回りだけの補正でしたが、ここで改めて肩、胸元の補正を加えました!

もう一度長襦袢を着てみると、補正による違いを感じていただけました。気付きとゆっくりの反復練習が、美しい着姿の為の最短の近道です。

 

最後に長襦袢の畳み方を確認し、腰紐の中央に印をいれることを宿題にいたしました。

 

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025603
この記事に対するトラックバック